筆者から皆さんへ

9月15日
東海地方では夏の香りがどんどん遠ざかり秋本番に向かっている最中です。
さて、雪の多く降る地方では雪が降ってからの外壁塗装作業はなかなか難しいので今が最盛期らしい。

もし外壁に落書きされたら!

最近はあまり問題視されなくなった、商店街店舗のシャッターの落書き。
ひどいものですよね。
こういった、無礼な落書きは名古屋ではあまり見られなくなりました。
いえ、商店街が減ったと言った方が正解かもしれません。
依然、大きな橋脚下のコンクリにはどこに行っても見かけます。

もし、自宅の外壁に落書きされたら!?
大きなショックと、落書きした人間に対しての嫌悪感。
その後には必ず落書きを消さなければ!

大変な労力ですよね。
まず、ホームセンターへ!?
「いえいえ」
外壁の専門家に聞くのが正解でしょう。
もし、以前に外壁を塗ってもらった業者さんがいるなら相談してみる事です。
ホームセンターに行けば落書きを消す道具等は販売していますが、現存の外壁を傷めない保証はありません。
その落書きが、日曜大工的なメンテナンスでよいのか、プロに任せなければいけないのか、またホームセンターの落書き消しで対応できるのか。
現存の塗装を傷めてしまっては元も子もありません。

ここからは、ブロック塀の様な雨漏れに過敏にならなくてよい壁の落書き対策を書きます。
間違えても居住用の外壁には試みないでください。

■まず、ホームセンターで販売されている「落書きおとしスプレー」「ナイロンブラシ」「ナイロン手袋」を用意します。
用意したスプレーで適度に距離をもち、落書き部分に塗布します。
季節によって待機時間は変わりますが、1~3分ほど時間を置き雑巾などの布で表面的な落書き塗料の多い部分だけを適当に吹きます。
次に落書きスプレーをもう一度塗布します。
購入したナイロンブラシでこする部分だけ塗布してこすります。
一気におとそうとしないで少しずつ範囲を移動します。
この次は水洗いをしますが
この時も先ほどのブラシでこすりながら少しずつ洗ってあげるのがコツです。
落書きされた時間から消す時間が短ければ短いほど落書きは落ちやすい様です。
逆に時間が長くなると落書きは落ちにくくなり、外壁にぼんやりと残りやすくなります。

コメントをどうぞ

最近のコメント