筆者から皆さんへ

9月15日
東海地方では夏の香りがどんどん遠ざかり秋本番に向かっている最中です。
さて、雪の多く降る地方では雪が降ってからの外壁塗装作業はなかなか難しいので今が最盛期らしい。

もし壁に落書きされたら!【消しきれなかった場合は・・・】

前回、壁に落書きされた場合の対処方法をご紹介しましたが、「もし消えなっかったら」と言う質問をいただきましたのでご紹介いたします。

答えは1つ
「塗り替える」です。
例えば、駐車場や門扉と隣接している場合はしっかりと養生しないと塗装がエクステリアに付着してしまい残念な結果が生まれてしましますので、市販品の養生シートと養生テープを購入し塗装したい壁と鉄部をしっかりと区別します。塗料は小さい部分で有ればスプレー式が楽だと思います。広範囲な場合もスプレー式は楽ですが割高となるようでしたら小容量の塗布用の塗料を購入しましょう。

まず、養生です。
塗りたい部分をナイロンブラシなどで軽くこすり水洗いししっかり乾燥させた後、
上記で述べたエクステリア部分の養生を済ませ、塗布したい部分の地面(コンクリート地やアスファルト)にも養生を施します。
地面は新聞紙でも養生を施すことができるので費用を抑える事が出来るでしょう。

塗装
壁面をスプレーで塗る場合は出来る限り最上部から塗布していきます。
この時上から下に向かうのではなく最上部の右から左またはその逆で塗布していき、徐々に下に向かいます。塗り終わったらしばらく乾燥させ「塗りムラ」が無いようでしたら完全に乾燥するまでまちます。
もし、塗りむらがあるときはスプレーを出来るだけ壁面から放し局部にだけ塗装が集中しないように注意し乾燥を待ちます。

塗装完了後養生を外しますが、しっかり乾かさずに養生を撤去しようとすると半乾きの塗料が塗装不要部分に付着したり垂れたりしますので注意が必要です。

以外に説明だけでは簡単に聞こえますが、初頭にお伝えしたように養生前の水洗いは苔や固形物の付着には要注意です。気づかずに塗布してしまうと、乾燥後すぐに塗装がはがれてしまい、更に見た目が悪くなるので注意力も必要とします。

あまりにも、広範囲や危険を伴う場合は外壁塗装の専門家に頼むのが正論だと思われますので、飢餓など無い様に作業して下さい。

コメントをどうぞ

最近のコメント