筆者から皆さんへ

9月15日
東海地方では夏の香りがどんどん遠ざかり秋本番に向かっている最中です。
さて、雪の多く降る地方では雪が降ってからの外壁塗装作業はなかなか難しいので今が最盛期らしい。

外壁塗装/補修

住宅周りの外壁のメンテナンス

直接住宅ではなく、家と道路の目隠しや隣の家との境界線に使われやすい外壁に穴が開いたり、ひびが入ったり、またまた、落書きされたり。外壁のトラブルはいろいろですね。
前もってご忠告させていただきますが直接住宅にかかわる外壁塗装は専門の有松塗工店さんにご相談ください。

外壁ブロックの補修

外壁ブロック?
ブロックって?

ブロックとは住宅と道路の目隠しになっていたり建売り住宅の隣の家との境界線にフェンスを建てるためのあれです。以外に縦からの衝撃には強いのですが横からの衝撃には弱くバールのようなもので突っつくだけで穴が開きます。穴の程度が小さいものについは自分で処置できる場合もありますのでチャレンジする価値があるかも!?

外壁ブロックの穴の補修

外壁ブロックの穴の補修はとても簡単です。外壁の穴

まずは、確認。塀の土台になる金属や塀本体の土台になる金属があるかないか確かめて下さい。
外壁の穴をヘラで整えるもし発見したら慌てづに穴の位置まで小石などを詰めます。
詰め終わったら穴自体のほこりを歯ブラシなどで取り除いた後、今度は歯ブラシを濡らして穴の接地面が後ほど詰めるセメントがなじみやすいように濡らします。
こねたセメントを穴に詰めますが、割っていない割りばしを3~4本握って詰めたセメントを突っつきながら押し込んでいきます。何度も繰り返しているとやがて表面までセメントが来ますのでヘラや平らなものでそぎ取る気分で仕上げて下さい。モルタルが柔らかすぎるときにはセメントを詰めた穴の表面に板などを当てて外れないように抑えておいて下さい。数時間で固まります。

外壁ブロックの穴の向こうに金属片が無い場合は小石を詰めた後にホースで水道水を一振りし、中のほこりを取る程度で良いでしょう。

コメントをどうぞ

最近のコメント